Mac OS X 10.7で原因不明のフリーズが発生

2012年5月23日水曜日 投稿者 森怜峰

ここのところMac OS X 10.7がちょこちょこフリーズする。
前からたまにはあったがここまで頻発はしてなかったが、最近ひどいので気合を入れて解決してみることにした。 

Console.appで確認すると、IOSurface: buffer allocation size is zero というメッセージが出てフリーズしているみたい。

検索してみると、http://nanofunk.net/mac-osx-lion-10-7-system-freezes-kernel-iosurface-buffer-allocation-size-is-zero-console-message/ この人も同じ症状みたい。

どうやらFlash Playerが悪さをしているようだ。

Flash Playerは標準でアンインストーラが入っていない(!!)ので、http://helpx.adobe.com/flash-player/kb/uninstall-flash-player-mac-os.html ここから uninstall_flash_player_osx.dmg というパッケージを入手する。

アンインストールを実行したら念のため再起動しておく。

これでしばらく使ってみているけど、今のところ同症状は発生していない。

Flash PlayerがOSをフリーズさせることなんてあるんだね、そりゃAppleもiPhoneやiPadにFlash Player入れたくないわけだ…。

こんな話とか、「アドビ、「Flash Player 11.2」リリース--開発者向けに新課金制度も導入へ http://cuaoar.jp/2012/03/flash-player-8.html」

「Flash Player プレミアム機能の発表 http://cuaoar.jp/2012/03/flash-player-8.html」こんなのとかあるし。

ますますHTML5への移行をしたくなる内容をなぜAdobe自らやるのだろう、もしかしてFlashの開発を続けたくないのか?なんてことはないだろうけどね。

どうなってしまうことやら。

Mac OS X, version 10.6 and later: uninstall_flash_player_osx.dmg (238 KB) 

ラベル:

コメントを投稿