CentOS 5.8はtg3ドライバに問題がある

2012年4月8日日曜日 投稿者 森怜峰 0 コメント

CentOS 5.8のタグVLAN(8021q)がtg3ドライバのバグで正常に動作しない。

yum install kmod-tg3-rhel5u7

として再起動すれば解消する。

かなり致命的だ…。SLにも同様の問題があるかは未調査。

ラベル:

OpenSocialをやってみる

2012年4月6日金曜日 投稿者 森怜峰 0 コメント

調査を依頼されたので、少しずつ始める。

Shindigの概要

まずは、shindig(シンディグ)というOpenSocialコンテナの理解からすすめる。

shindigはASFがオープンソースで開発している。

ライセンスはApache License 2.0

公式サイト http://shindig.apache.org/

shindigはPHPとJava向けの実装がある。

 

OpenSocialはAPIの定義であって実装ではないのでリファレンス実装としてShindigがある。聞いた話によると実装も完全ではないようだ。

 

Shindigは下記の機能がある。

  • Gadget Container JavaScript: core JavaScript foundation for general gadget functionality (read more about gadget functionality). This JavaScript manages security, communication, UI layout, and feature extensions, such as the OpenSocial API.
  • Gadget Rendering Server: used to render the gadget XML into JavaScript and HTML for the container to expose via the container JavaScript.
  • OpenSocial Container JavaScript: JavaScript environment that sits on top of the Gadget Container JavaScript and provides OpenSocial specific functionality (profiles, friends, activities, datastore).
  • OpenSocial Data Server: an implementation of the server interface to container-specific information, including the OpenSocial REST APIs, with clear extension points so others can connect it to their own backends.

 

OpenSocialコンテナの役割

..書きかけ..

 

shindigのセットアップ

参考 http://shindig.apache.org/developers/php/build.html

セットアップしたら下記URLにアクセスしてみる。

http://shindig.local/gadgets/ifr?url=http://www.labpixies.com/campaigns/todo/todo.xml

 

ToDo

この様な画面が表示されれば成功

 

OpenPNEのセットアップ

参考 http://www.openpne.jp/pne-downloads/openpne3/#openpne-3.5-3.6

セットアップ手順 https://raw.github.com/openpne/OpenPNE3/OpenPNE-3.6.2/doc/ja/OpenPNE3_Setup_Guide.txt

 

git clone git://github.com/openpne/OpenPNE3.git
cd OpenPNE3
git checkout OpenPNE-3.6.2
cd OpenPNE3
cp config/ProjectConfiguration.class.php.sample config/ProjectConfiguration.class.php
cp config/OpenPNE.yml.sample config/OpenPNE.yml
./symfony openpne:install
chmod -R 777 log cache

VirtualHostなどの設定をしてアクセスする。

Symfonyはwebディレクトリがドキュメントルートなので忘れないように

sudo apchectl restart


ブラウザからアクセス(PC)

http://example.com/ ログインフォームに sns@example.com / password と入力し、ログインできるかどうか確認 ※メールアドレスとパスワードはログイン後に必ず変更してください

MySNS

問題なければこの様な画面がh

ブラウザからアクセス(管理画面)

(1) http://example.com/pc_backend.php にアクセス

(2) ログインフォームに admin / password と入力し、ログインできるかどうか確認 ※メールアドレスとパスワードはログイン後に必ず変更してください

MySNS管理画面 2

問題なければこの様な画面が表示される。

参考

OpenSocialを始めよう! 第一回 http://labs.unoh.net/2009/04/opensocial1.html

OpenSocialを始めよう(1) - OpenSocialとは?

ラベル: